情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-22-Sat-23:18

ベガルタvs愛媛FC(1-1)

試合前のウォーミングアップ。愛媛の選手がランニングしながら出てくるとセンターラインを超えてバックスタンドへ。ホーム・ベガルタ側、コアサポの目の前に整列してお辞儀。えっとぉ・・・これは喧嘩売りに来たんでしょうか・・・・(^_^;)第1クールで対戦した時はこんなことしませんでしたよ。他のチームとの試合でもやってるのかにゃ?それともうちに対してだけ?それを受けてコアサポ達はブーイングと拍手が中途半端。お前らが面食らってどうする(笑)
IMGP5297.jpg前半は流れがこっちに来てたのに決められず。それでもロペスの股抜き→自分へパスとかルーレットとかボルジェスのフェイントとか見せられると全て許しそうになる自分がいる(笑) にしてもボルジェスと関口は両サイドに開きまくって私だけの洋介♥ が上がるスペース消えてたように思う。後半ボルジェスを1トップに置いてから両SBの上がりが増えたし、ボルジェスも生きて始めたことを考えるとね。勿体無や。
後半にチアゴ投入してからようやっとエンジン始動。遅いよ。チアゴのシュートは誰もとめることの出来ないスーパーシュートでした。GKが伸ばした手とポストのわずかな隙間に入るなんて。
そこから私だけの洋介♥ も頑張った。前半は愛媛の菅沼の対応に追われて攻めあがることが少なくて。上がってもロペスと呼吸が合わなくて勿体無い場面が多かったし。後半の洋介は苦手な左足でクロスを上げてた。第1クールまでの洋介は利き足の右でしかシュートも打たなかったのに今日は左で。過去に「あ~左利きだったら打ってたよね」てなことがあったのですが、本人も考えてたみたいです。角度も凄く良かったし。成長したわぁ~(T-T)
今日座ったのは愛媛のオフサイドトラップとボルジェスとの駆け引きがよく見える席でした。愛媛のフラットなラインが上下する中を行ったり来たり。中盤の選手がボールをキープしている間の短い時間ですが、ボルジェス背後にDFを背負おうとする姿はテレビではなかなか見えない動きです。こういう細かな時間稼ぎが大事。うちの4選手がいっぺんにオフサイドに引っかかったのは萎えたけど⊂⌒~⊃。Д。)⊃ 大漁でした。

観客に謝りながら歩いてたチアゴ。

普通に大人しく見てたつもりですが変える途中に胃が痛くなってきた・・・。薬ぃ~・・・。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。