情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-25-Tue-20:40

サンデー・スポーツ

名古屋場所の大島部屋は、何か名古屋場所に集中できない理由でもあるんですか?byデーモン小暮閣下 ↑上の閣下の発言は、Jsports ESPNの激戦!大相撲の中でのもの。千秋楽の回でCMに入る直前、解説に来てた旭道山に言ってました。

このエントリのメインは千秋楽の晩にNHKに生出演したドルジのインタビュー。

堀尾:2場所連続で優勝を逃したことが無いんですが、その通りになりました。
ドルジ:そうですね。はい。よく頑張りましたね。
堀尾:疲れたぁ~とおっしゃってましたが・・・
ドルジ:ふっ(笑)←物まね風の喋りについ鼻で笑ってしまったドルジw
堀尾:今日の千秋楽の取組じっとご覧になってましたがどんな思いで臨んだんですか?
ドルジ:昨日優勝決まったんですけど、喜ぶのは早いなと思いながら、明日力を出しきるようにって。残念ながら負けてしまいましたが。僕としてはまだまだ勉強と思うし。まだ稽古して強くなりたいと思います。
堀尾:白鵬は昇進をかけてましたが、放駒親方は「今場所は横綱の独走だった。14日目に優勝が決まったのが白鵬にとってマイナス。もう1場所見てみたい」実際に対戦されて強くなったという実感はありましたか?
ドルジ:彼もね、先場所優勝してるし。力ありますよね。
堀尾:来場所白鵬は昇進をかけるわけですが、横綱が大きい壁になる覚悟はできてるわけですか。
ドルジ:そうですね。壁になりたいと思いますね。やられたんで次はやり返すという気持ちでいかないといけないし。
堀尾:しかし今場所は、右腕・・・靭帯が切れたんですって?
ドルジ:そうですね。痛みとかね、喜んで言えるもんじゃないんで。できるだけのことして。先生には2ヶ月と言われたんですけど、おかげさまで復活できてホッとしてます。
堀尾:本当は休場しなくてはいけなかった?医学的に言うと。
ドルジ:ま、そうなんですけど。是非出たいという気持ちもあるし。
堀尾:はやる気持ち、早く相撲を取りたいと思ってた?
ドルジ:とにかくね、始めたばっかですぐ怪我して土俵上がれなくて。悔しさって今まで初めて経験したんで。どんだけ辛いんだってこと。もう1度ね。精一杯がんばっていきたいなと目標ができた。
堀尾:出稽古に行かれることで有名ですが、今回はより精力的に行きましたよね。
ドルジ:ま、悔いが残ったんで。
堀尾:我々は計り知れませんでしたけど、ギブスもして相当悪かったみたいですね。
ドルジ:あんま言いませんけど。良くない状態で、3週間。
堀尾:(稽古では)場所中と同じ位早い相撲を心がけてた?
ドルジ:いつもの朝青龍に戻りたいって気持ちがあったから。
堀尾:圧倒的な強さを見せた今場所を振り返りましょう。
(VTRで取組映像)
堀尾:先場所怪我したことを感じさせない15日間でしたが。
ドルジ:土俵に上がると痛みよりも絶対倒してやるという気持ちが強かったんで。
堀尾:安馬戦とか、右使ってるんですよ。
ドルジ:なんていうか、怖いという印象が残ると相撲が取れないんで。できるだけのことしていきたいと。
堀尾:終わったあとイテテテテって・・・?
ドルジ:風呂入ってマッサージしたりとか。
堀尾:怪我の怖さを改めて知った?
ドルジ:そうですね。今回乗り越えたって感じですね。
堀尾:負けず嫌いですね。
ドルジ:それが長所だと思うんで。
堀尾:子供の頃から負けず嫌いだと聞いてますけどその度合いって昔と今と変わりません?それとも入門してから増してきた?
ドルジ:勝負なんで、負けたくないって気持ちはね。←イマイチ答えになって無いぞw
堀尾:普段の張り詰めた思いをリラックスさせることって?
ドルジ:場所前に若い衆連れて釣りにいって。海って気持ち良いですね。
堀尾:釣りはお上手ですか?
ドルジ:おかげさまで17、8匹かな。みんなで。
堀尾:WC前にイタリア優勝を予測してたそうですね。
ドルジ:きそうだと思って。イタリアのブルーが好きだから。バッジオとか好きだったし。
堀尾:17回目の優勝。02年の初優勝で初インタビュー。あれから23場所中17回の優勝です。
ドルジ:早いですね。
堀尾:今26歳?
ドルジ:まだ弱冠25。まだ若いですよ(笑)
堀尾:このままいくと大鵬さんの32回優勝を上回るかも。目標をもって前に進む横綱としては?
ドルジ:とにかく20回の優勝を。そこから夢を大きくしてから。
堀尾:昔と比べて若手の力士の台頭。把瑠都や白鵬。稀勢の里。彼らに対してライバル心は強い?
ドルジ:ありますよね。まだ力、熱い血があるから。かかってこいって感じでいつでも胸出せる状態でしてきたいし。楽しみじゃないですか。力負けしてもまだ次あるぞっていう気持ちあるし。
堀尾:凄く力をつけた白鵬でも2敗とりこぼしてる。横綱は隙が無い。露鵬や把瑠都は変化がありましたよね。これから受けて立つ立場ですが、そこら辺どうですか?
ドルジ:大勢のファンが来てるからいい相撲見せなきゃいけないし、勝っても納得の行く相撲取れなきゃいけない。精一杯出して負けてもいいから。
堀尾:今日はあえて四つに行くという意図がみえたんですが・・・
ドルジ:ちょっと失敗したね。差すのがもっと速ければ。ちょっと遅かったんで。
堀尾:今日は若い女の子の黄色い声援飛んでましたね。
ドルジ:有難うございます(笑)・・・・僕なんて言えばいいですか(^_^;)
堀尾:カメラに向かってひと言。
ドルジ:みなさんの期待通りに優勝することできたし。また先場所のこと許してくださいってことで。また精一杯頑張っていきたいんでまだまだ応援よろしくおねがいします。
スポンサーサイト

COMMENT



旭鷲山にはちと五月蝿いぞ

2006-07-28-Fri-23:53
>名古屋場所の大島部屋は、何か名古屋場所に集中できない理由でもあるんですか?

悪魔もまだまだ甘いな。
旭天鵬は上位では毎度お馴染みの大敗(但し頑張っても負けちゃう)、旭鷲山は上位より下位の方が住み心地が良いから大敗(頑張る気が無いから負けちゃう)。
名古屋だからって言うより、恒例行事つぅか…(汗
旭鷲山が平幕2桁なら、三賞候補になってた筈ですし、旭天鵬も8枚目くらいなら大敗しなかったでしょう。

そんなマジレスされてもなぁ(苦笑)

2006-07-29-Sat-14:32
旭鷲山が番付上位で負け越してばかりなのは閣下も気づいてますわよ。
昨年同番組内で仰ってましたから。
ただ今回は解説やってる旭道山にいぢわるしたかっただけすの。
まさか部屋の先輩が「あいつはやる気ないから」なんて言えないでしょ(笑)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。