情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-24-Sun-21:03

秋場所:千秋楽

玉ノ井部屋の渋谷が6勝目。おぉ~。来場所の番付が楽しみネ。
武雄山がやっと1勝目あげましたよ。良かった。腐らず出続けて良かった。
そして安壮富士が十両東の筆頭で勝ちこし。おめでとー!!!来場所は兄弟同時幕内確定的。素晴らしい。よーし、パパ今日はいっぱい飲んじゃうぞー(笑)
片山の下がり人一倍ボロボロ。根本に近い部分は糊が完全に取れてしまってます。何故彼だけ抜きん出てボロくなってしまうんでしょうか?

序二段優勝決定戦は時大竜と栃ノ心。2人とも頭で当たって踏み込みは栃ノ心。お。栃ノ心は頭からイケるんだね。でも腕を抱えていきなり振り回した。それ駄目よぉ~。腰を落としていた時大竜が振りまわれないように密着しながら前に出て寄り切り。上手さ勝ちで優勝を決めました。
十両優勝は隆乃若。本割で一発で決めることが出来ませんでしたが決定戦は開き直って優勝を勝ち取りました。おめでとうぅ~。
三賞は以下の通り↓
技能賞:安美錦
敢闘賞:安馬
殊勲賞:稀勢の里

春日錦に勝って入幕が見えてきた鶴竜。土俵下で審判として座っていた師匠の井筒親方がじぃ~~~~~~~~~~~~っと鶴竜を見つめていたのですが完全スルーの鶴竜。次の力士に力水をつける時もじぃ~~~~~と師匠は見つめておりました。そこに師匠がいることに気づいてないかのようにサッサと引き上げる鶴竜。その背中も師匠は追いかけておりましたよ。爆笑しちゃったわ。ちょっとくらい視線送ったって良いのにね。

豪風二桁勝利♪左を勝ち上げて高見盛の右差しを阻止。完勝です。

広報室を出て花道奥まで相撲を見に錣山親方が出てきました。豊真将の相手は琴奨菊。手負いだけど左強いからなぁ~。きびちいと予想。で案の定負けちゃった・・・・。負け越しです。全然動けてません。右おっつけも弱く、琴奨菊の左筈をまともに受けてました。
勝負がついた途端に親方がVTRを確認するためモニターへ下がる姿をカメラは追いかけてました。引き上げてきた豊真将と2人で映像を見ながら、豊真将が押し込まれて右からおっ突けた場面で「ちゃんと絞れ。」と言いながら豊真将の腕を持って指導をしてたそうです。
刈屋:硬かったですか?
豊真将:うん。ちょっとね。
やはり緊張しておったか(^_^;)

なかなか手をつかずにらみ合う安馬と北勝力。ついに北勝力が右手をちょこん。それを見て安馬も立った。安馬は左手を前に出して前褌を狙ったんだろうけど結果的に北勝力の諸手を片方阻止する形になりました。左差して右前褌の形に捕まえて完勝。
北の富士さんは敢闘賞の他にもう1つ三賞をあげても良かったんじゃないかと言ってるのに何故か三役の話を始める吉田アナ。全然噛み合ってません(笑)

7勝7敗で勝ち越しをかけてた力士がことごとく負け越してしまって・・・・
吉田:私の声が大きすぎて聞こえてしまったんでしょうか。
北の富士:そうですね( ̄ー ̄)←いぢわる(笑)

国技館の2階に掲示してある優勝額について。貴乃花は17枚同時掲額されてましたが、朝青龍は今場所の分をいれて18枚に。その記録を抜くことになります。
因みに北の富士さんの10枚あった優勝額のうち行方が分かってるのは3枚だけ。
「取材してお伝えできれば。」言いましたね。言いましたね、吉田さん。君が駆けずり回って情報集めておいでよぉ~。
でも行方に無頓着な北の富士さん。過去の栄光にしがみ付かないところは彼のいいところ♪

安美錦が11勝目。でも三役みんな勝ち越してるので小結はお預けになりそう・・・。今は張り出しやってないからねぇ。

これより三役となったところで安倍官房長官がやってきた。場内に手を振ってご挨拶。こらー。力士より目立つなぁ~。と言っても手を振る姿に簡単に反応する観客が多いんだから諦めるしかないのかねヽ( ´ー`)ノ
安倍夫婦のすぐ後ろの桝席にもどなたか議員バッジらしきものをつけたスーツ姿の男性が座ってました。周辺固めましたか?

露鵬が突っかけてやり直した一番は、右を固めて踏み込んで左上手をとるとすぐ出し投げで栃東はあっという間に土俵の外。露鵬が10勝目。
矢が一足先に付け人のもとへ戻ってきました。(露鵬は勝ち残りで土俵の下)それを見た白露山が「自分も近いうちに必ず貰いますよ。」と語ってたそうです。
良かった。アレが出なくて良かった。

琴欧州が千代大海を捕まえて10勝目。中盤で連敗したのが悔やまれますなぁ。膝の調子が良くなってるそうなので来場所に期待。

結びの一番はドルジ-白鵬。この一番に懸けられた懸賞はなんと50本!!相撲協会が設けた上限50本丁度の懸賞に北の富士さん「少ない方が目立つのにね。」私もそう思います。お金を出してくれる会社の希望に添うのが当たり前なんですが、協会の方もそれとなく他の取組に出してくれるようフォロー入れてみようなんて思わないんですかねぇ?
ある企業が初めて懸賞金を出すことになったが初めてなのでどの取組に懸けたらいいか分からない。そこでたまたま知り合いだったからということでデーモン閣下に質問したんですって。そこで閣下はその時新入幕だった稀勢の里に懸けなさいとアドバイス。おかげでその企業は稀勢の里が幕で初めて受け取った記念すべき懸賞金第一号となったのです。ってなことを延々と「激戦!大相撲」で自慢してました。館内のお客さんにしか伝わりにくい懸賞なんだから、郷土力士に徹底して懸けるとかテーマを決めて懸けるべきですよ。企業の皆さん。

仕切りながら睨みあい動かない2人。
右で白鵬を受け止めて左は廻し取れず、右下手。白鵬は踏み込むなりいきなり左上手。ドルジが右から振る。ドルジが左をねじ込むが出来なくて上手引きつけて寄るが白鵬も右四つの体勢でこらえます。更に引きつけて腰を落として寄ると白鵬の引きつけも強くてドルジの体が浮いた!白鵬が左に打っ棄ろうとしますがうまくいかず。でも微妙だったので昨日に続いて物言いがつくかと思われましたがつかず。軍配は朝青龍。互いに渾身の力を振り絞っての引き付けあいだったので懸賞金を受け取るのも大変そうでした。
最後の寄りの腰のぶつけ方が良かった。見ながら「なんだ、やればできるんじゃーん」と結果度外視して見てたのは私だけだろうな(笑)廻しが伸びてなかったら際どい相撲にならなかったかもよ。これからもそれでお願いします。上体だけで突っ込んで膝が伸びきるのは危なっかしくてしょーがない。
互いに万全の体調じゃないながら、今の自分達に出来る全てを出しきった良い一番だったと思います。

支度部屋に戻ると待っていた特等床山の床寿さんにご挨拶。髷を直してもらいながらインタビュー開始。汗びっしょり。
天皇賜杯と総理大臣杯を受け取ったあと、土俵下でインタビュー。
刈屋:おめでとうございます。
ドルジ:有難うございました。
刈屋:今日の一番は気合入ってましたがどうでしたか?
ドルジ:昨日負けてしまったんで思い切りやるつもりで上がりました。勝ってよかったです。
刈屋:18回と言う数字はいかが?
ドルジ:どんどん稽古していきたいと思います。
刈屋:今年に入って新しい目標が無くなったと言ってましたが、20回と言う目標ができたのでは?
ドルジ:そうですね。目指して頑張りたいです。
刈屋:今場所の焦点は(白鵬の)綱取りでしたが、横綱としてはどうでしたか?
ドルジ:自分のことで精一杯なんで・・はい・・・。
刈屋:どういう気持ちでのぞまれたかなと思いまして。←しつこい。
ドルジ:先場所優勝したし、東京では優勝なかったんでまた優勝したいと思いました。
刈屋:新しい横綱が誕生して欲しいという気持ちと、そうはいかないぞと言う気持ちとあるのでは?
ドルジ:横綱が誕生して欲しいと祈ってるし、横綱同士でやりたいなと言う気持ちがありますね。
刈屋:東京のファンの皆さんにひと言。
ドルジ:初日から千秋楽まで力士達を応援してくれてありがとうございました!


全体的に低調な場所だったと思います。注目されてた白鵬や雅山、把瑠都の成績は勿論他の力士達の相撲内容も何が原因かはわかりませんが熱戦が少なかったです。締めるべき大関陣も魁皇は休場しちゃうし、琴欧州はもうちょい取れると期待したのですが途中で落ち込み。栃東と千代大海は頑張ったね。栃東が休場しちゃうかも!?とハラハラした人も多かったんじゃないでしょうか。
ドルジは調子が上がりきらないまま15日間を終えてしまったような・・・・。イマイチ煮え切らないんだなぁ~。初日の黒海戦は目を見張る間もないほどの速さでオオォッ!と思ったのですが、出島戦ではニヤつきを抑えるのに精一杯というような、取組に集中しきれてない表情が気になった。稀勢の里戦では、目の前で大関全員が負けるという嫌な空気に呑まれて最悪の相撲を取ってしまうし。廻しポン!が弱い日もあった。あと左を差せば強いはずの横綱が左を差す機会が少なかったのは何故でしょう?
場所前の調子が良かった魁皇が予想外の休場。来場所は角番となります。親方の発言を信じてます。もう外野がどんなに騒いでもひっくり返さないで下さい。
把瑠都はいつになったら大銀杏が結えるんでしょうか?あの髪の薄さと細さを考えると、このまま引退まで丁髷のままじゃないかと思ったりして(笑)
あと、「安安コンビ」って呼び方は個人的にしっくりきませんです。だって、安治川部屋ってみぃ~んな頭に「安」がつくんだもん!
スポンサーサイト

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2006-09-24-Sun-21:59
このコメントは管理人のみ閲覧できます

no subject

2006-09-25-Mon-00:34
千秋楽ということでいろいろ書きたいですが、長くなりそうなので、話題を一つに絞ります。

>50本丁度の懸賞に北の富士さん「少ない方が目立つのにね。」
私も同意見です。

どの取組に懸けるかは企業の自由だけど、宣伝なんだから効果の大きさを考えれば集中しない取組の方がお客さんは印象に残るはず。
昨日観戦した席の後ろに座っていた若者達は、新潟出身霜鳥の知り合い(同郷)ということで初観戦だったそうですが、新潟の病院が出している懸賞旗が気になっていたようです。
あっさりと霜鳥が負け垣添が懸賞金を持って行く姿に、「新潟の金を持って行かれた~」と悲しそうな声を上げていました。

こんな光景に触れ、懸賞も大相撲の文化だなぁと感じました。
懸賞が多いのも悪いことではないけれども、土俵の進行に差しつかえの無いようにしてほしいです。

アレ?

2006-09-25-Mon-01:19
露鵬のところの...  
出てこなくてよかった「アレ」って何でしょう?  
すごく気になります  

安安コンビ

2006-09-25-Mon-08:03
九月場所、おつかれさまでした~!
>安治川部屋ってみぃ~んな頭に「安」がつくんだもん!
同感でっす! じゃあ佐渡ヶ巌部屋の3人は「琴トリオ」ってか?(う~ん) 
安美錦の、あのうれしそうな顔でのインタビューは、安馬の活躍や、お兄さんの昇進にあったのだと思うと、相撲部屋っていいなあって感じます。
横綱の「全力士(力士たち)を応援してくれてありがとう!」の締めには、ホント、えらいなあって感じました♪ 
まだまだやんちゃなところもいっぱいある横綱が、やっぱり好きです!

こんにちは!

2006-09-25-Mon-11:05
おつかれさまでした~。やはり横綱強かった。
安治川勢の活躍にうひょうひょです。
安美錦の、インタビューでの嬉しそうな笑顔を見ると、オイラもニヤケが止まりません(*´Д`)
でも「安安コンビ」はなんとなくいただけません……(笑)

今場所もありがとうございました+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

安安コンビ

2006-09-25-Mon-11:40
ここだけに反応するのもなんですが、ま、玉玉コンビがいたからという便乗的な匂いですね。安直です(笑)。「その場所に目立った平幕が同じ部屋の同じ字」ってことですかね。同じ字の力士いればいいってわけではもちろんなくて、仮に朝赤龍が活躍したからといって、横綱とコンビにするのも、バランスが悪でしょう。トリオ、カルテットって増えてもべつにいいとおもいますです。

皆様、15日間お疲れ様でございます。

2006-09-25-Mon-19:16
>しぇりーさん
その新潟人のエピソードは面白いですねぇ。
地方から出てきてると地元ネタに素早く反応してしまうもの。凄くわかります。
そして地方の中小企業も気軽に宣伝に乗っかれる懸賞金と言うシステムって便利だわぁ~♪

>Машаさん
アレといえばアレですよ。へ○○。
いちどつっかけた時ほど出る確率高いですからねぇ。大関も前科あるし(笑)

>yukotanimさん
今は仮住まいで3人同じアパートに住んでますからね。
互いに良い刺激を与え・受けあってるんじゃないかしら。
横綱は〆の言葉が上手くなりましたねぇ。

>hagishihoさん
ご贔屓が休場しちゃったけどもう1人のご贔屓は大活躍ですよ!
安美ちゃんたらただでさえ細い目が益々細くなっちゃって(笑)
短い言葉1つ1つに気持ちが表れてましたね。

>出人さん
個人競技なので無理矢理グループ分けして欲しくないというのが正直な気持ちかな。
同じ部屋の力士達が同じ時期に好成績だったり逆だったりすることはよくあるので
それを表現したいという気持ちはわからないでもない。
でも無理矢理造語を生み出そうとしてほしくないんですわ。
思いつかなけりゃそのままでいーじゃん。って。

いやぁ、

2006-09-25-Mon-20:56
出なくて良かった。(´ー`ヾ
露鵬は、大嶽親方にさんざん言われたかもしれませんねぇ。(笑)
今場所一番の成長株だったと思います♪

>懸賞50本
本数を数えるだけで、企業名見ないし…間隔狭すぎて、もはや見えないし…(笑)

火事

2006-09-26-Tue-04:48
朝っぱらから 消防車のサイレンで目が覚めてしまいました  

なるほど  アレはそれでしたか...^^;  
親方どころか 大鵬さんにも 御贔屓さんなど周囲の方々からも 言われまくったと思います  
だからきっと今場所は一皮むけている この期に及んで「への字」などやるはずがないと 
本気で信じてましたので すでにそれのことは念頭になく わからなかったのです(^^*)ゞ  
ちょっと報われた気分です  

お疲れ様でした~

2006-09-26-Tue-11:07
SUSANさ~ん。お疲れ様でした~。

朝青龍、やっぱり強かったーー。すげぇ~。すげぇ~。
サンデースポーツで見ましたが、足がえらいこっちゃになってましたねぇ。びっくらこいた。。。

今場所もお世話になりました~。また来場所もよろしくです~。

no subject

2006-09-26-Tue-14:15
>ちょきさん
来場所も露鵬が良い相撲を取り続けてくれますよーに(-人-)
懸賞は多すぎると流してみちゃうからねぇ~。特にテレビでの効果は薄いと思う。

>Машаさん
なんと早起きな(^_^;)
先場所のことも含めていろんな方面から言われまくったでしょうからねぇ。
極めつけは来日してたお父さんかな(笑)

>びすたりさん
こちらこそ、お疲れ様でしたぁ~。
私もサンデースポーツ見ましたよ。あの足を見てゾッとしました!!
来場所もどうぞよろしくですぅ~(^_^)/~

コメントの投稿

TRACKBACK


2006-09-24-Sun-21:44|マレーシア 今日考えた事&思った事

2006年 9月場所 千秋楽

 千秋楽 「優勝力士&三賞力士インタビュー」【解説】正面:北の富士勝昭 向正面:舞の海秀平【アナウンサー】正面(幕内)吉田賢東レポ:タカミン<副音声>【ゲスト】ケネス・スエンセン【実況】ヒロ・モリタお薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク 取り組み結果幕下以下..
2006-09-24-Sun-22:27|道楽者の徒然日記

千秋楽は消化試合(秋場所千秋楽)

父「朝青龍の優勝は今場所で何回目だ?」 私「18回目」 父「もうそんな回数か。…
2006-09-24-Sun-22:49|テレビの褌

秋場所千秋楽

白鵬関の責任というわけではないのですが、場所全体が何かピリッとしない印象でした。そんな中、安安コンビの活躍が目立ちました。三賞は殊勲賞 稀勢の里関、敢闘賞 安馬関、技能賞 安美錦関。●高見盛 - ○豪風(9/24 NHK「大相撲中継」より)落ち着こうと思って飲み
2006-09-25-Mon-00:20|未知の駅ぽんちゃけ峠

【秋場所】千秋楽のこの一番:潮丸と片山の来場所は?

秋場所も今日千秋楽。私の注目している幕下以下の力士は昨日で今場所が終わってしまいましたがまだまだ楽しみは残っていました。今日まで7勝7敗で最後の一番に勝ち越しをかける力士もいますし、あの関取が二桁勝利を達成するかどうかとかいろいろ。昨日そろって勝ち越し..
2006-09-25-Mon-00:25|バナナ山とバナナ海が待ったなし

大相撲秋場所千秋楽

・序盤の方で優勝争いに加わりファンに期待を持たせるが、中盤辺りから平幕に連敗を喫し結局は優勝争いから消え去る。・のくせに、横綱と同じ星で並び優勝争いを活気づけている相手には何故か勝ってしまい優勝争いを下手に盛り下げる。・結局はなんだかん言ってクンロク、ハ
2006-09-25-Mon-01:07|銀河後悔日誌

未来へ

 ついこないだ初日を迎えたと思ったら、あっという間に千秋楽。まあ、毎場所同じなんだけど…。・十両 大真鶴勝ち越し。上林勝ち越し。玉力道勝ち越し。新十両の栃煌山は9勝目。武雄山がついに初日。皇司が敗れ優勝の権利を喪失、北勝岩十両残留決定。北桜10勝目。時津海
2006-09-25-Mon-10:42|好きなものは好き。

千秋楽!!

ふう、なんとか地上波中継に間に合ったよ。序二段は、時大竜、栃ノ心が優勝決定戦に臨みます。三段目。 中津錦3敗……。十両。やったよ吉野の皆さん! 大真鶴が勝ち越したよ!(*ノ゚∀゚)八(゚∀゚*)ノイエーイ将
2006-09-25-Mon-11:35|David the smart ass

平成18年度秋場所~千秋楽

終わりました。14日目で優勝が決まりました。千秋楽で注目していたのは、ま、白鵬がどういう形でか、不本意であっただろう今場所の最後一戦を戦うかです。朝青龍戦ですね。結果はともかく、相撲としては双方力を出し切っ
2006-09-25-Mon-21:42|どんより

秋場所千秋楽、安倍晋三登場

秋場所もいよいよ千秋楽。もう優勝は決まってしまったので、さて、何を楽しみに見ようか。NHK地上波は3時5分スタート。っと、またオープニングと相撲が重なってしまいました。BSで見てる人は、突然取組をぶった切ら
2006-09-25-Mon-23:40|KBP大相撲中継

秋場所千秋楽

優勝 朝青龍関 三賞殊勲賞 稀勢の里関敢闘賞 安馬関技能賞 安美錦関今場所は前日の三賞予想があたりました(場所前の予想と比べると散々ですが)。千秋楽の取組。○朝青龍(寄り倒し)白鵬●白鵬関がすぐに左から上手を取りました。朝青龍関も左を取っ
2006-09-26-Tue-00:29|ZAWA talk

[06秋場所]朝青龍が18度目の優勝

大相撲秋場所14日目は23日、両国国技館で行われ、横綱・朝青龍(25=高砂部屋)が悔しい18度目Vを飾った。取組前に3敗だった安馬が敗れて優勝決定。ところが、千代大海との結びの一番は張り手を浴びて冷静さを失い、素首落としで敗れた。千代大海がまげを引っ張
2006-09-26-Tue-10:35|頑張る力士を応援します

9月場所 千秋楽 

ついに 千秋楽 ?ワタシはカーラジオ観戦。  確か今日のラジオアナは岩佐アナ   ← Gacktohさま  んちで確認してます。 いつもありがとう~~ 寝不足気味の中 2時間あまりの運転は ちと辛かったが ラジオから流れてくる相撲中継のお陰で眠気は吹っ飛び!
2006-09-26-Tue-11:08|びすたりと大相撲とか

平成18年秋場所 千秋楽

昨日は途中まで書いて遊びに行っちまった。。。 ほほほ・・・豊真将。。。(涙) 魁...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。